製品ラインの拡大はマーケティングに良くも悪くも影響を与える。

製品ラインの拡大はマーケティングに良くも悪くも影響を与える。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

製品ラインを拡大する企業は多いですが、失敗する企業が多いのも事実です。

例えば、IBMはかつて大型コンピューターに集中していたものの、その後PC、ソフトウエア、複合機など様々な製品に手を出していました。しかし、その後、それら手の出した製品の殆どを売上不振によって手放しています。当時IBMは、製品ラインを増やした結果、売上は高いものの利益は非常に少ないものでした。

事業に成功した企業は多くの場合、製品ラインを増やすものです。成功した自社のブランドを活用することで他カテゴリーでも成功できると考えることは普通です。強力なブランドとは製品ラインを増やしても成功出来るかもしれないと思えるほど強いものです。

コカ・コーラ社は、普通のコカ・コーラ以外にも「コカ・コーラ ゼロ」「コカ・コーラ ゼロカフェイン」「コカ・コーラ クリア」「コカ・コーラ プラスコーヒー」「コカ・コーラ ピーチ」「コカ・コーラ プラス」など様々な製品がありますが、「コカ・コーラ ゼロ」はカロリーを気にする時代にマッチしてゼロ系飲料ではトップレベルの売上を上げています。

なぜ、製品ラインを増やして成功する企業と失敗する企業があるのでしょうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]