今必要とされる「スピーディーなマーケティング」は企業全体の変化なしには成し遂げられない。

今必要とされる「スピーディーなマーケティング」は企業全体の変化なしには成し遂げられない。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングでは、競合他社と同じ視点で製品開発することを良しとしない。
なぜなら、同じような製品を開発したとしても、既に一定の満足を得ている顧客は振り向いてくれないからだ。顧客にとって最初に知覚し、体験した製品というのは存在感が大きい。他社に乗り換えるにしても、そのスイッチコスト(感情的コスト・手間も含む)を鑑みると同じような製品であれば買わない。 だから、ライバル企業から顧客を奪うためには、異なる視点からアプローチすることが必要であると説いている。ライバル企業とは違うメリットを訴求する必要があると。

しかし、一部の業界を除けば、どの企業も同じような製品を出していると言える。企業からすれば全く違うのかもしれないが、少なくとも顧客にとってはその違いを認識していても、大きな違いとは考えていないことが多い。顧客が「同じだ」と言うのであれば、同じものを作っているということである。なぜ、そのような業界が多いのだろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]