イノベーションのためにマーケティング担当者が考えるべきこと

イノベーションのためにマーケティング担当者が考えるべきこと
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

あなたの扱っている製品サービスは製品ライフサイクルの「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」のどの位置に存在するのだろうか?商品にも市場にも寿命はあるものだが、衰退期に入ったからといってマーケティング担当者はそう簡単に諦めるわけにもいかない。どんな状況でも少しでも自社商品サービスの売上・利益に貢献しようとするものだ。

市場の活性化は、いつもイノベーションによって引き起こされる。イノベーションは既存市場の存在自体を脅かし、場合によっては既存市場が消滅する。しかし、生き残るためにはイノベーションを起こさなければならない。マーケティング担当者としてどのようなイノベーションを起こすべきなのか?方向性だけでも知ることは出来ないのだろうか?その答えはないが、ヒントならあるはずだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]