IT Japan 2017にみるIT・クラウドの向かう先

IT Japan 2017にみるIT・クラウドの向かう先
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

経営層はどのような視点でグローバル時代の「経営とIT」を考えるべきかを理念に日経BP社が開催しているIT Japan. 今年も、IT業界各社の社長をはじめてキーマンによるプレゼンテーションが多数行われました。IDC Japanの発表によると2016年の国内クラウドITインフラ市場は前年比17%増。着実に増えてきています。また、自動車を購入する際にはネットで事前に情報を収集するようになったことにより、販売店に足を運ぶ回数が平均7.5回から1.5回になってきているなどIT・クラウドが起こしつつある変化、これからの向かう先が見えてくる数字の紹介なども含まれたプレゼンをピックアップして紹介します。

IT Japan 2017にみるIT・クラウドの向かう先

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]