【SEO担当者必見】順位が上がらないのは内部対策のせい?内部対策のポイント

順位が上がらないという方、内部対策は完璧でしょうか?意外と見落としがちなポイントをご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんは内部対策をしっかり行ってますか?
コンテンツ制作についつい力が入ってしまい、せっかく良いコンテンツを制作してもなかなか順位が上がらないという方が多いかと思います。

実際、お客様の相談を受け見てみると、内部対策がおごそかになっているが為に、なかなか順位が上がらないということが多く見受けられました。

今回は、意外とみなさんができていない、内部対策のポイントをご紹介します。

内部対策とは?

内部対策とは、サイトの構造や内部リンク、htmlの記述などを検索エンジンが好む分かりやすい記述に最適化させることです。

1.意外とできていない内部対策のポイント(重要)

みなさん、意外と見落としているので、いま一度自分のサイトをチェックしてみてください。

  • 1.リンク切れ/サーバーエラーがないか?
    リンク切れ、サーバーエラーはサイトとしては致命的です。すぐに修正しましょう。
  • 2.titleにキーワードが入っているか?
    titleはとても重要です。titleにはキーワードを含めて30文字以内で設定しましょう。
  • 3.1ページ1キーワードか?
    まずは1ページ1キーワードで検索上位を目指しましょう。
  • 4.本文にキーワードが自然に含まれているか?
    Googleはどんなページなのかを本文のキーワードで認識しているので、不自然にならないようにバランス良く含めます。

リンク切れ、タイトル空白エラーチェックは「コンテンツファインダー」

2.その後、さらにチェックする内部対策のポイント

上記の内部対策をしっかり行い、それでも効果がみられない場合は以下のポイントをチェックしてみてください。

  • titleの重複
    コンテンツが重複していると順位が上がらないことがあります。
  • サイト構造は深くないか?
    ディレクトリが深いとインデックスされにくく、検索結果に表示されないことがあります。
  • アンカーテキストが空白
    Googleのクローラーはアンカーテキストをリンク先のページのキーワードとして認識します。リンク元・リンク先のアンカーテキストが空白の場合はすぐに修正しましょう。
  • 更新日が古いまま
    更新日が古いページは重複コンテンツの原因となりかねないので、削除か、canonical指定、またはリライトを行いましょう。

「title重複」「サイト構造」「内部リンク」のチェックはコンテンツファインダー

まとめ

いかがでしたか?意外と知ってはいるものの、いざ調べてみるとしっかりできていない内部対策。
順位がいまいち上がらないとお悩みの方は是非チェックしてみてください。

内部対策におすすめのチェックツール

今なら無料で7日間デモ体験ができます!

デモ申込はこちら: コンテンツファインダー無料デモお申し込み

コンテンツファインダー概要

http://contentfinder.jp/
・title重複チェック
・リンク切れチェック
・title空白チェック
・サイト構造の把握に
・ディレクトリマップ生成
・canonical指定チェック
・更新日チェック

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]