【コンテンツマーケティング事例】共起語を意識し1コンテンツ当たりのアクセス数を22.5倍に増やす方法

コンテンツ追加によって検索エンジンからの流入を効率よく増やす方法をご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多くのWebサイトで「コンテンツマーケティング」が取り入れられつつあります。良質なコンテンツを継続的に追加していくことで、アクセス数を増やしたいと考えている方も多いと思います。

効率よくサイトにトラフィックを集めるためには、オーガニックからの流入を増やす必要があります。つまり、SEOを意識したコンテンツを追加しなければなりません。

ということで今回はその”ちょっとしたこと”を意識してコンテンツを追加したところ、セッション数がアップした事例をご紹介します。

 

共起語とは

 

共起語とは何か

 

そもそも共起語とはなんでしょうか。

 

共起語とは、1つのキーワードに対して、そこから連想され頻繁に表れるキーワードのことです。
 

共起語検索ツール

 

なぜ重要なのか

 

検索エンジンがサイトやページにどのようなことが書いてあるかを判断するために、クローラーが用いられていることはご存じだと思います。

 

クローラーはページ内のキーワードをもとに、ページの内容を理解しています。そして、キーワードとコンテンツの関連性に基づいてページを評価します。

 

キーワードAでページを上位表示させたい場合、対策キーワードAとその共起語を周囲にちりばめておくことで、「このコンテンツはキーワードAとの関連性が高い」と判断されます。

 

一方で共起語がコンテンツにない場合、検索エンジン側から「キーワードAとの関連性が低い」と判断されてしまうかもしれません。関連性が低いと判断されると、なかなか上位表示されません。

 

共起語を含むコンテンツを作成する際、あくまでユーザーに対して有益な情報を提供することが大前提であることを注意してください。上位表示されていたとしても中身のないコンテンツは、ユーザーから評価されません。

 

記事の続きを読む

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]