20代の6割以上が「現在の日本に好感を持っていない」と回答。今後への期待は?【BIGLOBE調べ】

日本は自己責任論が強すぎる? 生活に余裕がない? 社会への意識を調査。

BIGLOBEは、「日本の現在と未来に関する意識調査」を実施した。18歳から69歳の男女1,000人に対し、日本への期待感やデジタル化への意見などを聞いている。

20代の62%、40代の65%が「現在の日本に好感を持っていない」

現在の日本について好感を持っているか

まず、「現在の日本について好感を持っているか」を聞いたところ、20代ではあまり好感を持っていない・好感を持っていないを合わせて62.0%が否定的な意見を持っていることがわかった。40代でも否定的見解が多く、65.0%を占めた。一方で、現在の日本に最も好感を持っている年代は60代で、肯定的意見は52.0%にのぼった。

自己責任の考え方が強すぎるか

また、現代の日本において「自己責任の考え方が強すぎるか」を聞くと、特に10~30代の若年層において“そう思う派”が多いという結果に。10代では合計で7割近くが「自己責任の考え方が強すぎる」と感じていることがわかった。

生活に余裕がないか

現代の日本において「生活に余裕がないか」と聞くと、「そう思う」と感じている層は30代と50代が最も多く、それぞれ72.0%が生活に余裕がないと回答した。

デジタル化が進んだ社会を期待するか

さらに、今後の日本に期待する方向性として、「デジタル化が進んだ社会を期待するか」を聞いたところ、期待感が最も高いのは10代で、82.0%にのぼった。また、20代でも76.8%が「そう思う」と回答しており、若年層のデジタル化への関心がうかがえた。

調査概要

  • 【調査対象】全国の18歳から69歳の男女1,000人(18~19歳100人、20代500人、30代から60代までそれぞれ100人)
  • 【調査方法】アンケート形式、インターネット調査
  • 【調査期間】2024年3月19日~3月22日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]