ナブテスコがデジタルサイネージディスプレイ一体型自動ドアを販売、広告配信サービス開始

自動ドアを新たな広告メディアに、商業施設などに自動ドア用サイネージディスプレイも展開

機械部品大手のナブテスコは、デジタルサイネージディスプレイ一体型自動ドアの販売を3月1日に始め、これを活用した広告配信サービスを4月から展開する、と3月1日発表した。自動ドアが新たな広告メディアになり、インパクトのある訴求が可能だという。商業施設や交通機関向けに自動ドア用デジタルサイネージディスプレイの販売も開始する。

ナブテスコは、1956年に初の自動ドア国産機を開発し、現在は建物用自動ドアで約55%の国内市場シェアを誇る。デジタルサイネージディスプレイ一体型自動ドアは、ドアのガラス部分をデジタルサイネージに活用する仕組み。新規事業として広告配信サービスを提供する。当面は大学をターゲットに、大学構内の売店などの入り口への設置を目指す。

大学生向け商品の宣伝や、人材の採用を目的にする企業広告など、大学生を対象に商品や企業の認知を高めたい広告主のニーズに対応する。デジタルサイネージディスプレイ一体型自動ドアと、自動ドア・ドア周辺の人流データをネットワークで収集する同社のプラットフォーム「AD-LINK」を組み合わせることで、サイネージ広告の効果測定も可能。

商業施設は自動ドア用デジタルサイネージディスプレイの活用によって、店舗や施設入り口での情報発信を通して購買促進が可能になる。自動ドアの固定部に設置するため、従来の床置き型のサイネージとは違って移動が不要になり、施設利用者の通行を妨げることもない。交通機関では現地の情報や天候・災害情報などの配信で利便性を高められる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]