160万人のレシートから見た買い物動向、2023年末の平均購入金額は前年比133円増加【東芝データ調べ】

最も消費が増える12月にピーク、前年より購入の平均数量が伸びる。

東芝データは、東芝グループの電子レシートサービス「スマートレシート」の会員約160万人のレシートデータを分析した結果を発表した。2023年12月について、全国のスーパーマーケットでの買い物(1人1日1店舗あたり)の平均購入金額・単価・数量を集計した。

前年から平均単価約2.6%増、平均購入数量約1.7%増

2023年12月のデータを調査した結果、平均購入金額は前年同月比約4.3%(133円)増の「3,201円」だった。

平均購入金額は9月から年末にかけて増加し、例年12月にピークを迎える。そのため11月と比べると約15.1%(421円)の大幅増となっている。

12月の平均単価は前年比約2.6%(約6.8円)増、前月比約13.7%(約31.9円)増。平均購入数量は前年同月比約1.7%(約0.2点)増、前月比約1.3%(約0.2点)増とすべての数値で増加を示した。

2023年を通して見ると3月ぐらいより前年より消費が活発化しているが、購入の平均数量の伸びが目立った。

調査概要

  • 【調査対象】「スマートレシート 」で売上実績があるスーパーマーケット
  • 【調査方法】平均購入金額の推移、平均単価の推移、平均数量の推移を算出
  • 【調査時期】2023年12月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]