スーパーでの平均購入金額、前年よりも196円増。140万人のレシートデータを大調査【東芝データ調べ】

2023年8月のスーパーでの買い物動向を調査。

東芝データでは、電子レシートサービス「スマートレシート」の会員約140万人のレシートデータから、2023年8月の「買い物動向」に関する調査結果を発表した。全国のスーパーでの買い物(1人1日1店舗あたり)の平均購入金額・単価・数量のデータをまとめている。

スーパーのレシートから見る、8月の買い物動向は?

1人1日1店舗あたり 8月の平均購入金額

調査によると、平均購入金額は前年の同時期と比べ約7.5%(+196円)の増加。前月比も約0.8%増(+22円)と上昇傾向が続いた。

8月の平均単価

平均単価は前年同月比約4.5%増(約+10.1円)、前月比約2.0%増(約+4.6円)だった。

1人1日1店舗あたり 8月の平均購入数量

平均購入数量は前年同月比約2.8%(約+0.3点) 増、前月比約-1.2%(約-0.1点) と微減。円安による値上げの影響がうかがえる結果となった。

調査概要

  • 【対象店舗】「スマートレシート® 」で売上実績があるスーパー
  • 【調査時期】2023年8月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]