値上げラッシュが止まらない! 調味料や菓子類、「中華まん」も価格改定が発表【TSR調べ】

2023年の食品値上げ、累計で3万品を突破。

東京商工リサーチ(TSR)は、主要飲食料品メーカー200社の「価格改定・値上げ」に関する調査を実施した。2023年1月以降の出荷・納品分の値上げ(見込みを含む)を調べており、今回は8回目の調査となる。

2023年の値上げ品目数、累計で3万品を突破

分類別の品目数(累計)

調査によると、価格改定を公表したのは164社で、対象品目は3万1,024品にのぼった。前回調査(7月)と比べ、227品増加している。

品目別でみると、最多は「調味料(8,673品)」で、醤油や味噌のほか、麺つゆや鍋つゆ類の値上げが発表。2位の「加工食品(7,943品)」は、ハム・ソーセージ類の再値上げの影響とみられる。また、8月~10月はアイスキャンディーなどの菓子類の値上げが相次いでおり、冬向け商材では「中華まん」の値上げがすでに表明されている。

月別の価格改定品目数

月別で見ると、8月の値上げは27社・949品で、3カ月ぶりに1,000品目を下回った。一方で、9月・10月は公表社数が40社を超えており、秋の値上げラッシュが見込まれる。

値上げの理由(品目数、重複あり)

値上げの理由としては、「原材料」の高騰が2万9,007品で全体の9割以上を占めトップに。ついで「資源・燃料」「物流」と続き、長引く円安やエネルギー価格高騰の影響がうかがえた。

調査概要

  • 【調査対象】国内の主な飲食料品メーカー200社
  • 【調査時期】2023年8月
  • 【備考】2023年1月1日以降出荷・納品分で値上げを表明した商品を開示資料等を基に集計。1回の値上げで複数商品の値上げが行われる場合の値上げ幅は、平均値を集計した。値上げ、価格改定は、2023年8月30日公表分まで。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーテスト
Webサイトやソフトウェア、製品などの使いやすさ、使い勝手を実際にユーザーに試し ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]