食品値上げ収まる気配なし…キャノーラ油は1.5倍。レギュラーコーヒー、スナック菓子なども価格上昇【インテージ調べ】

2020年の店頭販売価格に比べ、「キャノーラ油」が150%、「サラダ油」は128%、「マヨネーズ」も120%に。レギュラーコーヒー、スナック菓子など嗜好品も価格上昇

インテージは、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに、「実際に購入をする店頭販売価格の値上げ」についての調査を2022年5月に実施した。

食用油の価格上昇に伴い「キャノーラ油」が150%、「サラダ油」は128%、「マヨネーズ」も120%に

原材料や各メーカーなどの相次ぐ値上げのニュースが連日報道される2022年。実際に生活者が購入する店頭価格にもその影響が色濃く出始めた。

値上げ本格化以前の2020年平均と比較して、2022年5月には「キャノーラ油」が150%「サラダ油」は128%、食用油を材料とする「マヨネーズ」も120%と大幅に上昇した。

調味料については、「醤油」が111%、「砂糖」110%と上昇。加えて、輸入小麦の値上がりなどにより、「小麦粉」「食パン」「スパゲッティ」も上昇した。

さらには、「レギュラーコーヒー」や「スナック菓子」などの嗜好品も価格が上昇するなど、広範囲の値上げが確認された。

また、4月にメーカーの値上げ表明が続いた生活雑貨については、原材料高、世界的なサプライチェーンの混乱などが今後も続く可能性が高いことを考慮すると、さらなる値上げが予想される。

値上げに対する生活者の行動は?

今年5月、店頭販売価格が2020年比1.5倍の「キャノーラ油」は、前年同月と比べて販売容量が74%に減少。一方、値上がりがやや緩やかな「サラダ油」は前年同月と比べて販売容量は145%に上昇した。比較的高い価格だが健康を前面に押している「こめ油」に至っては、昨年5月から130%以上を維持している。

比較的安価な「キャノーラ油」に価格の優位性が失われつつある昨今、結果として健康訴求などが反映され、生活者の購買行動にシフトが生じたようだ。

調査概要

  • 【調査データ】全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]