LINEが「LINEレシート」で食品や日用品の価格が比較できる「ショッピングサポート」提供

同意ユーザーのレシートデータを基に店舗ごとの商品価格と商品の平均価格・推移を表示

LINEは、同社のレシート管理サービス「LINEレシート」で、食品や日用品の価格がスーパーやドラッグストアなどで比較できる機能「ショッピングサポート」の提供を始める、と12月6日発表した。同意したユーザーのレシートデータを基に、店舗ごとの商品価格と、商品の平均価格、推移を表示する。ユーザーがレシートを登録し合って価格情報を集める。

食品や日用品が値上がりして家計の負担が大きくなり、支出管理が注目されていることが背景。店舗ごとに商品の価格を比べるには手間がかかることから、ショッピングサポート機能を提供する。LINEレシートは、レシートを撮影すると購入履歴が記録され、支出が管理できるサービス。累計登録者が300万人を超えているため多くの商品情報が取得可能。

LINEレシートの使い方

ショッピングサポートでは、購入商品のレシートが登録された後、近隣店舗で他のユーザーが同じ商品のレシート登録していた場合、店舗ごとに商品価格を表示。購入商品が最安値かどうか分かる。平均価格は、全国のデータが1~3カ月の推移で確認でき、買い時が見極められる。さらに「よく行くお店」で購入した商品の近隣店舗の販売情報を表示する。

新機能「ショッピングサポート」の特徴
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]