国内のパソコン販売、出荷台数は減少するも出荷金額は増加。シェアトップはNECレノボ【MM総研調べ】

パソコン出荷台数は前年比3%減の1,093.5万台、出荷金額は同3.2%増の1兆2,520億円。

MM総研は、2023年における「国内のパソコン出荷台数」に関する調査結果を発表した。2023年(2023年1~12月)の国内パソコンについて出荷台数・出荷金額を算出。メーカー別シャアなどを分析している。

2024年はOS更新もあり、4.8%増の1145.9万台に

それによると2023年における国内パソコン出荷台数は1093.5万台(前年比3%減)で、3年連続の減少となった。一方で出荷金額は前年比3.2%増の1兆2520億円。出荷平均単価は11万4499円(前年10万7594円)だった。

メーカー別シェアでは「NECレノボ」24.6%が引き続き最多。「日本HP」17.0%が2位。前年4位の「富士通クライアントコンピューティング(FCCL)」14.4%がデルを抜き3位に浮上した。出荷台数をメーカー別に見るとNECレノボは268.8万台を出荷している。

国内パソコン出荷台数シェア(2022年/2023年)
国内パソコン出荷台数シェア詳細(2022年/2023年)

出荷金額は1兆2,520億円で前年比3.2%増。出荷平均単価は11万4,499円とこれも前年より増加している。円安による部品や海外生産コストの上昇、ハイスペックなモバイルノートパソコンの需要増などが背景にあると見られる。

国内パソコンの出荷金額と平均単価の推移

2024年の予測としては、個人需要は縮小傾向だが法人向けは、2025年に予定されるWindowsの更新需要、GIGAスクール端末の入れ替え需要もあり、増加傾向と予測される。さらにAI(人工知能)処理をパソコンで実行する“AI-PC”が各社から本格的に登場する見込みで、パソコン出荷台数は前年比4.8%増の1145.9万台と予想されている。

国内パソコンのルート別出荷台数
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]