TOPPANがVOCをAIの活用で可視化・分析するサービス「コンタクトログマネジメント」開始

コンタクトセンターやアンケートに集まるVOCの可視化で顧客満足度向上や問い合せ数削減へ

TOPPANは、顧客の声(VOC)=Voice of Customer=をAI(人工知能)の活用で可視化・分析するVOC分析サービス「コンタクトログマネジメント」を1月17日に始めた、と同日発表した。企業のコンタクトセンターに寄せられたり、アンケートなどで集まったりするVOCをAIで可視化することで、顧客満足度の向上や問い合せ件数の削減・最適化をサポートする。

コンタクトログマネジメントは、顧客との対話内容のために集計が難しいデータのVOCについて、AIでのタグ付けによって困りごと、要望などに分類・構造化して集計するサービス。分析や改善策の提示も実施する。VOCの活用は従来、人が分析することから全量把握の業務負荷や、主観でのデータの解読ムラが課題だったが、AIでこうした問題を解決する。

全てのコンタクトチャネルに集まったデータの内容を分類するタグを付与して分類を容易にし、VOCの全量データを可視化・分析。分類が自動化でき、担当者の業務負荷を減らして継続的なVOC分析を可能にする。さらに、TOPPANグループのBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)のノウハウを生かして分析・改善策の提示とともに実行・運用まで対応する。

AIを活用したVOC分析サービス「コンタクトログマネジメント」の概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]