東京メトロでクレジットカードのタッチ決済とQRコードを使う乗車サービスの実証実験へ

2024年度中にクレジット各社などと、自動改札機にかざすことで東京メトロ線が利用可能

東京メトロは、三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ジェーシービー、交通系決済・認証プラットフォーム事業のQUADRACとともに、東京メトロの路線内でクレジットカードのタッチ決済とQRコードを使った乗車サービスの実証実験を2024年度中に始める、と8月7日発表した。東京メトロが進める次世代乗車システムの検討の一環となる。

実証実験は多様なニーズに応える新たな乗車サービスの検証を目的にする。タッチ決済に対応するクレジット・デビット・プリペイドの各カード、これらのカードを設定したスマートフォン、スマートフォンに表示されるQRコードを自動改札機にかざすことで東京メトロ線が利用できるようにする。企画乗車券を乗車券販売サイトで事前購入する仕組み。

実証実験では、決済プラットフォームと国際カードブランドのタッチ決済を活用する三井住友カードの公共交通向けソリューション「stera transit(ステラトランジット)」を使う。タッチ決済は専用端末にかざすとサインや暗証番号が不要で支払いが完了するシステム。コンビニ、スーパー、ドラッグストア、百貨店など利用可能な場が広がっている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]