企業の平均寿命って実際どれくらい? 最新調査で「23.3年」と判明。短命化の傾向か【東京商工リサーチ調べ】

コロナ禍、原材料やエネルギー価格の高騰などで“新興企業の短命化”が進んだ?

東京商工リサーチ(TSR)は、「倒産企業の平均寿命」に関する調査結果を発表した。2022年に倒産した企業6,428件(負債1,000万円以上)のうち、創業年月が不明の779件を除く、5,649件を対象に、企業の平均寿命を算出・分析した内容となっている。

コロナ禍で「新興」企業の倒産が増加

それによると、2022年に倒産した企業の平均寿命は「23.3年」。前年の23.8年から0.5年短くなった。倒産した企業のうち業歴30年以上の「老舗」は33.7%(前年33.8%)を占めたが、それより短い「新興」は29.6%を占め過去最高を記録した。コロナ禍などもあり、新興企業の短命化が進んでいる様子がうかがえる。

産業別の平均寿命は、10産業のうち、農・林・漁・鉱業、小売業、運輸業、情報通信業の4産業で延びた。一方、平均寿命が短縮したのは建設業、製造業、卸売業、金融・保険業、不動産業、サービス業他の6産業だった。最長は製造業の「35.7年(前年36.3年)」。構成比は「老舗」62.7%、「新興」8.6%だった。一方、最短は金融・保険業の「12.5年(同15.7年)」で、「老舗」6.6%、「新興」53.3%となっている。

法人格別で見ると、「老舗」企業の構成比が徐々に低下する一方、「新興」企業の倒産が増加したことで、株式会社では「新興」企業の倒産が上回る状況がここ数年続いている。地区別で見ると、9地区のうち上昇が5地区、低下が4地区だった。 最高が北陸の47.1%だった。

調査概要

  • 【調査対象】2022年の全国倒産6,428件(負債1,000万円以上)のうち、創業年月が不明の779件を除く、5,649件を対象に分析
  • 【企業分類】業歴30年以上を「老舗企業」、同10年未満を「新興企業」と定義。法人が設立年月、個人企業は創業年月で起算

※2023年3月9日追記:記事の初出時において、タイトルの文章がおかしかったため、訂正させていただきました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]