シルバーエッグのAIレコメンド「アイジェント」がデータフィード管理「dfplus.io」に対応

最新の商品情報の同期で高精度のレコメンドを実現、商品データの変換・登録作業が簡素化

AI(人工知能)技術を基にしたデジタルマーケティングサービス事業のシルバーエッグ・テクノロジーは、同社のAI搭載レコメンドサービス「アイジェント」をデジタルマーケティング支援事業のフィードフォースが展開するデータフィード管理ツール「dfplus.io」に正式に対応させた、と2月13日に発表した。サービスを始めた。

データフィードは、商品などのデーを広告配信先のフォーマットに変換して提供する仕組み。EC事業者は、自社が保有する商品データをdfplus.ioを介して簡単に「アイジェント・レコメンダー」「アイジェント・レコガゾウ」に送れるようになる。最新の商品情報をアイジェントと同期させ、高精度のレコメンドが提供できる。

アイジェント・レコメンダーは、ECサイトなどのユーザーのアクセスや購買状況などを分析し、それぞれの好みに合ったレコメンドアイテムを提示。アイジェント・レコガゾウはレコメンドメールサービス。商品データの変換・登録作業はこれまで企業ごとの個別設定が必要だったが、dfplus.ioを利用することで簡素化できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]