データ保護・活用関連業務をサポートする「ゼロパーティデータ構築支援サービス」開始

BICPデータとデジタルインテリジェンス、“ポストクッキー時代”を見据えて共同で展開
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングのためのデータ活用事業を行うビーアイシーピー・データ(BICPデータ)と、デジタルマーケティング事業のデジタルインテリジェンスは、「ゼロパーティデータ構築支援サービス」を共同展開する、と2月14日に発表した。“ポストクッキー(Cookie)時代”を見据えたデータ保護と活用関連業務をサポートする。

ゼロパーティデータは、消費者が企業に自発的に提供する興味や好みのデータを指す。ゼロパーティデータ構築支援サービスは、ブラウザに保存されたユーザー情報を意味するクッキーの扱いに対する世界的な規制の動きを受けて実施。BICPデータ、デジタルインテリジェンスがそれぞれ保有している知見やノウハウを活用する。

当初は、企業内セミナー▽クッキー利用タグ・アセスメント▽プライバシーポリシー策定▽データ利用同意管理サービス導入支援--を提供する。クッキー利用タグ・アセスメントは、対象ウェブサイトに設置されたクッキー利用タグを抽出・分離し、今後の規制でリスクが生じるタグを報告する。支援の範囲は今後拡張する。

サービスの概要(2020年2月時点)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]