Web広告への反応から見る「訪日客」の傾向、中国はサブカル・香港は食に興味?【アウンコンサルティング調べ】

「中国」「香港」「アメリカ」の3国・地域を対象に、ネット広告への反応を調査した。

アウンコンサルティングは、訪日客数の多い「中国」「香港」「アメリカ」の3つの国・地域に対して、Web広告に関する意識調査を実施した。

日本政府は現在、「2020年までに訪日客数4000万人」を掲げており、そのためには前年比440万人ずつ増やし続けなければならないという。一方で、インバウンド消費額などは減少傾向にあり、訪日客数に加え、消費金額増も努力が必要だ。そのためには、インターネットプロモーションをいかに活用するかが鍵となる。

Instagramの「ストーリー内広告」が好感

まず、「SNS広告のなかでクリックしたことのある広告」について聞くと、アメリカで49.0%、香港で26.0%がInstagramの「ストーリー内の広告」をあげた。台湾とタイを対象にした前回調査でも、Instagramのストーリー広告はクリック率が高く、インバウンドでも広く受け入れられていると言える。一方中国は62.9%が「クリックしたことがない」と回答している。

 
SNS広告のなかでクリックしたことのある広告

「ポップアップ広告」「動画広告」「ステッキー広告」は迷惑

逆に「SNS広告で迷惑だと感じる広告」を聞くと、3つの国・地域共通で「動画広告」「ポップアップ広告」が1位・2位となり、合計は50%を超えた。アメリカは、「ポップアップ広告」単独で55%となっている一方、YouTube人気を反映し「動画広告」の数値は低めだ。

SNS広告で迷惑だと感じる広告

「SNS広告以外で迷惑だと感じられる広告」を聞くと、ここでは「ポップアップ広告」「ステッキー広告」が上位となった。

SNS広告以外で迷惑だと感じられる広告

ゲーム・美容系の広告がインバウンドに人気、中国はサブカル・香港は食に興味?

「クリックしたことのある広告はどんな業界のものですか?」を聞くと、インバウンドでは日本人気定番の「ゲーム」「美容」が高い。3国・地域を比較してみると、中国は「本やマンガ」「ニュース」が、香港は「アミューズメント」「食品」が、アメリカは「アパレル」といった項目が高い数値を示している。

クリックしたことのある広告はどんな業界のものですか?

調査概要

  • 【調査対象】中国、香港、アメリカの18歳以上の男女
  • 【調査期間】2019年4月1日~2019年6月18日
  • 【回答数】各地域100名、計300名
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]