博報堂DYグループなど、デジタル広告の実店舗での効果を測定するツールの提供を開始

「購買トラッキングツール」、POSやレシートなど店舗販売時に記録されるデータ活用

総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズ、デジタルマーケティングの博報堂DYデジタル、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、デジタル広告による実店舗での購買効果を測定する「購買トラッキングツール」の提供を8月7日に始めた、と同日発表した。博報堂DYグループが保有するPOS(販売時点情報管理)データやレシートデータなど店舗での商品・サービス販売時に記録されるデータを活用し、複数のチャンネルや媒体を横断した形で効果測定を可能にした。

広告主は、実店舗での購買指標をKPI(重要業績評価指標)にしてデジタル広告活動のPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルが実施できる。購買効果を検証するサンプル・データ量が十分確保可能なことを実証実験で確認した。広告接触者と非接触者で最大2.1倍の効果が得られることも分かった。博報堂DYグループの「“生活者データ・ドリブン”マーケティング対応力の強化」「生活者データ・マネジメント・プラットフォーム(生活者DMP)」構築の一環で提供する。戦略立案から効果測定まで一括して実現する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]