博報堂DYメディアとDACが「Audience Dive」に「Yahoo! JAPAN」と「LINE」を追加

次世代型広告ビジネス「Digital AaaS プラニング」を支えるシステムの対応領域拡大
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYグループでメディアサービス基盤開発・運用の博報堂DYメディアパートナーズと、インターネット広告事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、広告オーディエンス(受け手)の多面的な分析をダッシュボードで提供するソリューション「Audience Dive」に対応するメディアに「Yahoo! JAPAN」と通信アプリの「LINE」を追加した、と8月19日に発表した。デジタル広告効果をより横断的に分析できる。

ダッシュボードのイメージ

Audience Diveは、各プラットフォームが提供する安全にデータ比較できるデータクリーンルームや広告配信データを活用。配信時の設計にとらわれない自由度の高い広告プラニングができる。Yahooのデータクリーンルーム「Cocoon」はAd(広告)データとAd関連以外のYahooサービスデータにアクセスでき、LINEの広告配信データは「LINE広告」やLINE公式アカウントのデータを活用した広告分析が可能な環境で、今回追加された。

各プラットフォーマーのデータクリーンルームの特徴

管理画面で確認できない切り口での分析をダッシュボード上で継続的に確認できるので、広告効果の定期的な改善につなげることができる。博報堂DYメディアパートナーズは、次世代型広告メディアビジネスソリューション群「AaaS(Advertising as a Service)」で、「Digital AaaS for プラニング」の対応領域を広げ、デジタル広告効果を最大化するサービスを順次導入していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]