LINEがクラウドAIプラットフォーム「Clova」開発、搭載製品でスピーカー「WAVE」発売

NAVERとの共同プロジェクト、両社の技術やコンテンツ・サービスなどを活用して開発

メッセンジャーアプリのLINEは、新たな戦略となるクラウドAI(人工知能)プラットフォーム「Clova(クローバ)」を開発し、搭載した製品としてスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を初夏に日本と韓国で発売する、と3月2日発表した。Clovaは、親会社で検索ポータルサービスを韓国で展開するNAVERとの共同プロジェクトで研究している。LINEのコミュニケーション技術とNAVERの検索技術、両社のコンテンツ、サービスなどを活用して開発した。

Clovaは人間の五感にあたる「Clova Interface」と頭脳に相当する「Clova Brain」を中核にする。Clova Interfaceの耳と口「Clova Voice」で音声認識・合成を行い、目にあたる「Clova Vision」が画像や顔を認識する。Clova Brainは自然言語理解、自然な言語翻訳処理などの機能を備える。ほかに、機器やアプリをつなぐツール「Clova Interface Connect」、Clova Brainの機能を拡張するための「Clova Extension Kit」で構成する。

WAVEは音声で会話ができ、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツサービスや、音声で家の電気のオン・オフなどをするホームコントール、音声専用コンテンツで読み聞かせるオーディオブックなどの利用が可能になる。LINEはClovaでソニーモバイルコミュニケーションズやタカラトミーなどとパートナーシップを推進することも公表した。Clovaを利用したさまざまなサービス・製品の開発を進めていく。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]