サイバー・コミュニケーションズ、インターネット広告に関する調査で、リッチメディア広告に高い効果

広告を見た人が「どのように感じたか」を把握するためニューロテクノロジーなどを活用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバー・コミュニケーションズ(cci)は、脳を利用する研究であるニューロテクノロジーなどを活用したインターネット広告に関する自主調査を実施。10月16日、調査結果を発表した。インターネット広告は、広告を見た人が「どのように感じたか」を把握することが難しいため、ニューロテクノロジーを活用した無意識的、非言語的調査を行った。調査の結果、「リッチメディア広告は広告効果が非常に高い」ことなどが分かった。調査は6月16~18日に、被験者の男女10人ずつを対象に脳波(EEG)、皮膚反応(GSR)、アイトラッキングなどを利用して実施した。

調査の結果、このほか、「ディスプレイ広告は好感度の醸成に関して、サイズの違い以上に高い効果が期待できる」「サイトと広告のコンテンツマッチングの重要性」「cciがコンテンツメディアと位置付ける女性向けサイトなどの高い広告効果」「SNS系サイトは高い記憶への影響度と興味喚起度をもって接触している」「サイト接触には垂直型と水平型のパターンがある」「First View広告(サイトを開いたときに表示する広告枠)の優位性」などが確認できた。

サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]