ロックオンがマーケプラットフォーム「アドエビス」活用のデータ分析パッケージを提供

サイバー・コミュニケーションズと協業、「アドエビスCCI分析パッケージ」の名で展開

マーケティングロボット開発のロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」を活用したデータ分析パッケージの提供を5月16日に始めた、と同日発表した。電通の100%子会社でインターネット広告のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)と協業し、ウェブ広告をはじめとする各種マーケティング施策の分析業務をパッケージ化して「アドエビスCCI分析パッケージ」の名で展開する。

広告効果測定市場でトップシェアを誇るアドエビスでのデータ計測とCCIが保有する知識を活用し、質の高い分析レポートを提供する。定型フォーマットや、顧客の要望によってカスタマイズした広告効果を検証してレポートする。定型フォーマットは媒体別評価、日別・時間帯別・曜日と時間別ユーザーの傾向分析、直接・間接のユーザー流入経路別の効果分析などで、分析結果に基づくメディアプランも含む。

CCIが強みにするメディアプランニングのノウハウを活用した課題改善や新規流入案を提案し、適したソリューションを提供する。広告技術の発展に伴うニーズの多様化に伴ってマーケティング施策が複雑化する中、複数の施策のデータを統合的に分析したうえでの広告費用の投資判断が求められていることから、分析パッケージを開始する。アドエビスは広告効果測定、アクセス解析、ユーザー分析機能がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPA
顧客獲得単価を意味する略語。新規顧客を獲得するのに、1人あたりいくらかかったかを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]