ホットリンク、クーポン共同購入サービスの「Twitter」での露出状況の調査結果を発表

ユーザーのクチコミではなくクーポン情報サイト・サービスが情報を広げる役割

エージェントシステム開発のホットリンクは、同社のソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」を使ってクーポン共同購入サービスの「Twitter」での露出調査を行い、その結果を12月3日発表した。対象にした5種のサービスの間でTwitterの発言数に大きな違いはなかった。ユーザーのクチコミではなく、クーポン情報をまとめたサイトやサービスが情報を広げる重要な役割を担っている、と分析している。

事前調査の結果でTwitter上での発言数が多かった「グルーポン(日本)」「piku」「ポンパレ」「CooPa」「カウポン」の各サービスを対象に、キーワードを使い、10月22~28日に調べた。キーワードに合致するつぶやき数ではそれぞれで大きな差はなかった。キーワード条件に合った発言者と、その発言者のユニークフォロワー数はpikuが最も多かったが、歌手の発言が大きな影響を与えていたことが要因だった。

各サービスで影響力の高いユーザーの上位20位以内の半分以上は、クーポン情報をツイートするまとめサイトなど、宣伝目的が多くのリーチ数を得ていた。その結果、クーポン系のサービスでは、これらが情報の拡散に大きな役割を持っている現状が分かった。調査に利用したクチコミ@係長は、国内のブログ、掲示板、Twitterなどから投稿されるクチコミ情報をリアルタイムに収集・分析できるソーシャルメディア分析のASPサービス。

ホットリンク
http://www.hottolink.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]