博報堂DYメディアパートナーズ、コンテンツホルダー向け支援サービス「C・A・P・P」を提供開始

スマートデバイス向けのアプリケーション開発と、ユーザーへのプロモーションをパッケージ

博報堂DYメディアパートナーズは、コンテンツホルダーの収益機会拡大をワンストップで支援するサービス「C・A・P・P(キャップ)」を提供開始した、と12月2日に発表した。C・A・P・Pは、コンテンツホルダーのパートナーとして、「コンテンツ」の「アプリケーション化」に関する「プロモーション」と「プロデュース」を支援するという意味の名称。

コンテンツホルダーが資産として保有する映像・画像・テキスト・音源などを活用したスマートデバイス向けのアプリケーション開発と、ユーザーへのアプリケーションの認知を促進するための各媒体向けプロモーションをパッケージにして提供する。これにより、コンテンツホルダーのアプリケーション開発や認知促進のコストや手間を省くことができる。また、コンテンツごとに異なるユーザーターゲットに対して、それぞれにあった媒体の選定と効果的なプロモーションを行う。

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]