カゴヤジャパンがレンタルサーバーサービスにIPS利用のセキュリティオプションを標準装備

不正侵入を防止するシステムを利用のサービスを追加料金なしで提供開始
よろしければこちらもご覧ください

データセンター・レンタルサーバー事業のカゴヤ・ジャパンは、同社が提供しているレンタルサーバーサービス「KAGOYAInternet Routing(KIR)」の共用サーバーにIPSを利用したセキュリティサービス「侵入検知・ブロックオプション」を標準装備しサービス提供を4月2日に開始した、と同日発表した。追加料金はなく、共用サーバーのスタンダード、Bプランと、専用サーバー・同プロプランで適用される。

侵入検知・ブロックオプションは、不正侵入を阻止するシステムのIPSを利用したセキュリティサービス。SQLインジェクションなどの不正アクセスや、未知の攻撃、サーバーに仕かけられたトロイの木馬、バックドアなど悪意のあるプログラムが発する情報などを自動検知して防御するという。同サービスではセコムトラストシステムズがKIRのサーバーを通過するパケットの常時監視も行う。専用サーバー・同プロプランでは「侵入検知・ブロック月次レポート」、「HIGHイベント告知」も提供する。

カゴヤ・ジャパン
http://www.kagoya.com/

侵入検知・ブロックオプション
http://www.kagoya.net/option/ips/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]