カゴヤ・ジャパンがオーリックのソフト利用のWeb解析ASPサービスの提供を開始

PCとモバイル両対応の解析ツールとWebアプリ監視が月額2100円から利用可能
よろしければこちらもご覧ください

データセンター、レンタルサーバー事業のカゴヤ・ジャパンは、アクセス解析のオーリック・システムズが開発・提供するWeb解析ソフト「RTmetrics」と「RTbandwidth」を利用したWeb解析ASPサービスを、レンタルサーバーサービス「KAGOYA Internet Routing」の利用者を対象に提供開始した、と6月8日に発表した。月額2100円から。RTmetricsはPCとモバイルの両サイトに対応。広告効果測定やサイト訪問者の行動をリアルタイムで分析可能。RTbandwidthはWebアプリケーション監視ソフトで、稼働状況などをリアルタイム監視、レポートで問題点などを把握できる。

カゴヤ・ジャパン
http://www.kagoya.net/

オーリック・システムズ
http://www.auriq.co.jp/

高機能Web解析オプション
http://www.kagoya.net/option/rt/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]