はじめての「Google アナリティクス for Firebase」入門

Google アナリティクス for Firebase を「Google アナリティクス4(GA4)」へアップグレードする方法

2020年10月次世代の分析プラットフォームとして「Google Analytics 4 プロパティ(GA4)」が発表されました。アップグレード方法を詳しく解説します。【第7回】
よろしければこちらもご覧ください

今までもFirebase をGoogle アナリティクスへリンクすることでGoogle アナリティクス for FirebaseをGoogle アナリティクスのプロパティとして利用できました。

2020年10月次世代の分析プラットフォームとして「Google Analytics 4 プロパティ(以下、GA4)」がリリースされたことで、Google アナリティクス for Firebaseを利用していたユーザーは、GA4へアップグレードするだけでSDKを変更することなく、新しいレポート機能や分析機能が利用できます。

また、計測しているアプリのウェブサイトがある場合はGA4用の計測タグをウェブサイトへ実装すると、アプリとウェブ両方にまたがった計測が可能です。もちろんFirebaseコンソールの画面から今まで通りのレポートも利用できますので、ぜひアップグレードしましょう。

GA4プロパティの概要
Google アナリティクス 4の画面

Google アナリティクス for Firebaseからのアップグレード方法

GA4へアップグレードを行うには、Google アナリティクスと Firebaseプロジェクトそれぞれにアクセス可能な同じGoogle アカウントと以下の権限が必要です。

必要な権限

  • Google アナリティクス: 編集権限
  • Firebase: プロジェクトのオーナー権限

アップグレード方法

① Firebase コンソールへログイン後に「プロジェクトの概要>プロジェクトを設定」を選択します。

 

② 上部にあるタブから「統合」を選択し、Google アナリティクス カードの「管理」を選択します。

 

③ Googleアナリティクス カード内の上部に表示される「リンク」または「アップデート」を選択して、Google アナリティクス 4プロパティを作成するアカウントを選択します。 画面の指示に従い設定するとリンクは完了です。

⇒既存のアカウントを選択した場合、そのアカウントの既存の Google アナリティクス 4 プロパティを選択するか、新しいプロパティを作成できます。

⇒新しいアカウントを作成すると、新しい Google アナリティクス 4 プロパティが作成され、プロジェクトがそのプロパティにリンクされます。

リンク設定後の画面
 

Google アナリティクス 4のレポート

Google アナリティクス 4の標準レポートは「概要カード」で構成されたレポートと「詳細」のエクスプローラーレポートの2種類で構成されています。

メニュー名レポート内容
ユーザーの獲得ユーザーを獲得した参照元、メディア、キャンペーン
エンゲージメントイベント、ページ、スクリーン別のユーザー エンゲージメント
収益化購入者の人数、およびアイテム、プロモーション、クーポン別の収益
ユーザーの維持新規ユーザーとリピーター、コホート、ライフタイム バリュー別の維持率
ユーザー属性ユーザー属性ディメンション別のユーザー数
ユーザーの環境ユーザーがコンテンツを利用する際に使用したアプリのリリースや環境
Google アナリティクス 4の標準レポート

追加された高度な「分析」レポート

Google アナリティクス for Firebaseから、レポート面での大きな違いとして、有償版のGoogle アナリティクス 360のみに提供されていた高度な「分析」レポートがGoogle アナリティクス 4に実装されました。ウェブのGoogle アナリティクスにあった「カスタムレポート」がより強力になった機能だと思ってください。

「分析」レポートではデータのドリルダウンや並べ替え、リファクタリングを実施したり、ディメンションや指標をドラッグ&ドロップで簡単に切り替えレポートに反映させたりできます。

さらにレポートの値に対して「セグメント」を作成する機能や「ユーザー単位のレポート(ユーザーエクスプローラー)」に絞り込む機能もあります。

各「分析」にはレポートのフォーマットを変更する「手法」が分けられており、目的に応じて変更します。

「分析」レポートで利用可能な手法
手法内容
データ探索一般的なクロス集計表の形式でデータが表示されます。棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、散布図、地図など、さまざまなスタイルの表示形式を適用することもできます。
コホート分析時間の経過に伴うアプリまたはサイト内での共通の特性を持つグループの行動を確認できます。
目標到達プロセスの分析サイトやアプリを経由するカスタマー ジャーニーをビジュアル表示できます。この手法を使用すると、ユーザー体験を最適化することや、高い成果が得られている(または十分な成果が得られていない)ユーザーを特定することができます。
セグメントの重複最大 3 個のユーザー セグメントを比較して、重複の状況と相互関係を確認できます。この手法を使用すると、複雑な条件を満たしている新しいユーザー セグメントを特定できます。
経路の分析ユーザーのたどった経路がツリーグラフで表示されます。ユーザーがどのような経緯で、ウェブサイトやアプリにアクセスしているのかを確認できます。
ユーザーエクスプローラー作成またはインポートしたセグメントを構成しているユーザーを表示できます。個々のユーザーのアクションをドリルダウンすることもできます。
ユーザーのライフタイムサイトまたはアプリの顧客としてのライフタイムにおけるユーザー行動を理解できます。
例)分析レポート「データ探索」
例)分析レポート「目標到達プロセスの分析」

今回は2020年10月にリリースされたばかりのGoogle アナリティクス 4 プロパティについて、アプリ側の視点でアップグレード方法をご紹介しました。次世代の計測プラットフォームとのことで新しい機能が続々追加されていますのでGoogle アナリティクス for Firebaseを利用しているユーザーはこの機会に是非アップグレードを行い使用してみてください。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]