衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

「ピボット」表示とは

「ピボット」表示とは

その前に「ピボット」表示の機能も初出なので、簡単に解説を加えておく。

Googleアナリティクスの多くのレポートは、上部に折れ線グラフ(図7赤枠部分)、下部にデータ一覧(図7青枠部分)が表示されている。図7は[標準レポート]>[コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]レポートの例だ。

図7:[標準レポート]>[コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]レポート
図7:[標準レポート]>[コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]レポート

この下部のデータ一覧表示部の右上にボタンが5つ並んでいる。左から順に、

  • データ
  • 円グラフ
  • 棒グラフ
  • サイト平均と比較
  • ピボット

という名前がついていて。デフォルトでは「データ」表示が選択(図7緑枠部分)されている。通常の「データ」表示では、

  • 表頭に複数の「指標」
  • 表側に「ディメンション」

を配置するのが標準だ。これに対して、「ピボット」表示は、1つの「指標」について、表頭でも表側でも「ディメンション」を配置するという表示形式なのである。

ピボット表示にしてみよう

表示してあるカスタムレポートで、[ピボット]ボタン(図6緑枠部分)をクリックしてみよう。以下のような表示に変わるはずだ。

図8:[ピボット]表示にした画面
図8:[ピボット]表示にした画面

表側だけでなく、表頭にも同じ「月(年間)」の「ディメンション」が並んでいる(図8赤枠部分)。このままでは意味のないレポートなので、「ピボット」を選択するボタン(図8青枠部分)をクリックする。すると、「ディメンション」がプルダウンで表示される(図9)。表示された「ディメンション」の中から、「モバイル(タブレットを含む)」(図9赤枠部分)を選択しよう。

図9:「ピボット」のプルダウンから「モバイル(タブレットを含む)」を選択
図9:「ピボット」のプルダウンから「モバイル(タブレットを含む)」を選択

出来上がった表が図10だ。

図10:月別のPCからの訪問数とモバイルからの訪問数
図10:月別のPCからの訪問数とモバイルからの訪問数

表頭(図10赤枠部分)には、

  • サイト全体(合計の表示列)
  • PCからの訪問(1.Noの表示列)
  • モバイルからの訪問(2.Yesの表示列)

が指定され、表側の「ディメンション」には「月(年間)」(図10青枠部分)、「指標」には「訪問数」が表示された一覧表となる。

全体の訪問数が多い順に並んでいるので、時系列に並べ替えたい場合は、「月(年間)」(図10青枠部分)をクリックすればよい。

10か月を超える期間が対象であれば、表示する行数(図10緑枠部分)を25にして、データをエクスポートしてExcelなどで開き、計算式(「2.Yes」の列の訪問数÷「合計」の列の訪問数)を入れて、モバイル比率を自動で算出するようにしよう。

もし、長期間にわたってデータを管理したい場合は、最初は過去12か月分程度のデータをExcelなどにエクスポートしておき、毎月の月次データ追加作業は、直接Excel上でやってしまったほうが早いだろう。

よろしければこちらもご覧ください

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]