日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

フェイス 同じ検索をしている人と交流できる新サービス「Chacher」

同じキーワードを検索したユーザーが表示され、ユーザー同士でメッセージのやり取りができる。

フェイス(本社京都府、平澤創社長)は6月24日、インターネットユーザー同士が検索サイト上で交流するサービス「CHACHER(チャチャー)」を開始した。ID登録したユーザーが「チャチャー」でキーワード検索すると、同じキーワードを検索したユーザーが表示され、ユーザー同士でメッセージのやり取りができる。ユーザー登録は無料。

ツイッターやフェイスブックといったソーシャルネットワークサービス以外の、新しい交流サイトを目指す。

現在はパソコン版のみだが、7月にアイフォン版、8月にアンドロイド版を開始することでスマートフォンにも対応する。将来的には自動翻訳システムを利用した多言語対応も進めるとしている。

・Chacher
http://www.chacher.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]