正しい方法でサイトを宣伝する

よろしければこちらもご覧ください

正しい方法でサイトを宣伝する

被リンク (他のサイトから張られるリンク) は、通常ゆっくりと少しずつ増えていきます。なぜならユーザーは検索などを通じてあなたのコンテンツを見つけ、そしてリンクを張っていくからです。しかしその一方で、そのコンテンツを作るために費やした労力を、もっとたくさんの人に知ってもらいたいと考えるのも当然のことでしょう。効果的に宣伝を行うことで同じ分野に興味のある人たちが、より早くあなたのコンテンツを発見できるようになります。ここでは、そのためのアドバイスを紹介しますが、このガイドで紹介している他のポイントと同様に、次のアドバイスも過剰に行うとあなたのサイトの評価を傷つけることになりかねないので、気をつけましょう。

適切なサイトの宣伝方法

  • 新しいコンテンツやサービスについてのブログを書く ―― 自分のサイトのブログで、新しく追加されたコンテンツやサービスについて書き、既存ユーザーに知らせます。こうすることで、サイトのリピーターや RSS フィード登録者が自分のサイトで、あなたのサイトについて何かを書いてくれる場合があります。

  • オフラインでの宣伝も行う ―― 会社やサイトについて、オフラインの宣伝を行うことも効果があります。たとえば、企業サイトを運営している場合はそのサイトの URL が名刺やレターヘッド、ポスターなどに記載されていることを確認しましょう。クライアントに定期的にニュースレターを送り、会社のサイトに新しいコンテンツが追加されたことを知らせるのも良いでしょう。

  • ソーシャルメディアサービスを正しく理解し活用する ―― ユーザー同士が交流したり何かを共有したりするためのサービスが登場したおかげで、簡単にコンテンツに関心のありそうなユーザー層にリーチできるようになりました。

    注意点
    • 新しく作ったコンテンツについて細かなものまですべて宣伝しようとせず、ユーザーが興味を持つようなコンテンツに絞って紹介する
    • これらのサービスにおいて、自分のコンテンツが上位に表示されるように人為的な操作を加えるプログラムに参加しない
  • Google ローカル ビジネス センターに登録する ―― 実店舗がある方は、Google のローカル ビジネス センター に登録すると、Google マップやウェブ検索を通じて、より顧客にリーチしやすくなります。ウェブマスター ヘルプ センターには、実店舗を宣伝する方法 について、さらに多くのヒントが掲載されています。

  • 関連するコミュニティに参加する ―― あなたのサイトのコンテンツと近い内容を扱うサイトが他にもたくさんある可能性があります。通常、こういったサイトとコミュニケーションを始めることは有益です。また、関連するコミュニティで話題になっているトピックを知ることができると、新たなコンテンツの作成に役立つアイデアが得られ、そのコミュニティにとって有用な情報を提供できるようになるかもしれません。

    注意点
    • 関連するトピックを扱うサイトへ、自分のサイトへリンクしてくれるように手当たり次第に依頼する
    • PageRankを上げることを目的として他のサイトからリンクを購入する
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]