コメント投稿

【マーケティング担当者の新しい課題】音声検索でヒットさせる言葉の選び方[2つのポイント]

【マーケティング担当者の新しい課題】音声検索でヒットさせる言葉の選び方[2つのポイント]
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

皆さんはスマートフォンやタブレットで音声検索をしたりしますか?
私は、何を調べているか他の人に聞かれてしまうことに抵抗があって、正直あまり音声検索を使っていないのですが、老眼が始まっている友人や、同僚のお子さんでまだ文字の読み書きがあまりできない子供は音声検索を活用しているということを耳にします。細かい字が苦手な人が音声検索に頼ったり、音声検索に慣れた世代が購買層になるのもそう遠い未来ではないかもしれません。

こうした音声検索する人が増えてきたために、企業として対策をするところも現れてきています。つまり、これまでの「手で入力する場合」と「音声で入力する場合」は使われるキーワードが異なるため、音声検索されることを意識したキーワードをコンテンツに含めるようになってきているのです。

今回の記事ではそんな「音声検索を意識したコンテンツ」を考えるためのヒントとなる、「音声検索を意識した言葉選び」を考えていきたいと思います。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
380
380
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル