コメント投稿

サイバー・コミュニケーションズ、ザ・ハフィントン・ポスト日本版で「Category Sponsored」広告を提供開始

cciが、ザ・ハフィントン・ポストとパートナーシップを締結し、広告販売と商品を開発
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバー・コミュニケーションズ(cci)は、ニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版で、テーマに沿ったカテゴリーを設置し、記事と広告が一体になったコンテンツを作成する「Category Sponsored」広告の提供を開始する、と9月17日発表した。cciは、ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパンとマーケティングパートナーシップを締結し、同サイトに掲載する広告の独占販売と商品開発を行っている。

Category Sponsoredの第一弾として、ボルボ・カー・ジャパンの「VISION2020-ヒトとクルマの安全な社会の実現に向けて」をテーマとしたカテゴリーを展開。VISION2020は、「2020年までにボルボ新車がかかわる事故死亡者・重傷者をなくす」というボルボ・カー・ジャパンの取り組み。ザ・ハフィントン・ポスト編集部がテーマに沿った記事を編集し、ボルボ・カー・ジャパンの安全性への取り組みやテクノロジーをユーザーに伝えていく。

サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
61614
61614
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル