2022年度のEC決済サービス市場は28兆円超。2027年度には49兆円規模まで拡大するか【矢野経研調べ】

BtoCの後払い決済サービス(BNPL)市場も順調に成長を続けている。

矢野経済研究所は、国内のEC決済サービス市場に関する調査を実施した。

2022年度のEC決済サービス市場規模、28兆1,662億円に到達

EC決済サービス市場規模推移・予測

調査によると、2022年度のEC決済サービス市場は28兆1,662億円(前年度比120.0%)と推計された。2023年度には31兆8,120億円(同112.9%)、2027年度には49兆円規模へ成長する見込みだ。

同社では、EC市場の拡大に加え、公金領域などにおけるオンライン化の進展や、BtoB領域及びオムニチャネル・オフライン決済領域などの事業拡大が要因であるとしている。

後払い決済サービス(BNPL)市場規模推移・予測

また、BtoC領域の後払い決済サービス(BNPL)市場も堅調に拡大。2022年度は1兆2,609億円と推計され、2026年度には2兆円の水準まで成長すると予測された。大手ECモールやリアル店舗での利用が可能となったことで、ユーザーの裾野が広がっている。

調査概要

  • 【調査期間】2023年12月~2024年2月
  • 【調査対象】ECサイト向けの決済サービス提供事業者、及び関連事業者
  • 【調査方法】当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに文献調査併用

<EC決済サービス市場とは>
本調査におけるEC決済サービスとは、ECサイト運営事業者と決済サービス提供事業者との間に入り、ECサイト運営事業者において発生する決済業務を代行するなど、主にECサイトを対象に提供される決済サービスをさす。
​​また、本調査におけるEC決済サービス市場規模は、ECサイト等で発生する決済業務の代行サービスを提供する事業者の取扱高ベースで算出している。

<市場に含まれる商品・サービス>
ECサイト等で発生する決済業務の代行サービスを提供する事業者(決済代行業者、ペイメントサービスプロバイダー、後払い決済サービス提供事業者等)

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]