Google、年内のサードパーティCookie廃止を延期

Googleは24日、Chromeブラウザにおいて、2024年後半にすべてのサードパーティCookieを廃止するという計画を延期すると発表した。
臼田勤哉[転載元] 4/26 14:20

Googleは24日、Chromeブラウザにおいて、2024年後半にすべてのサードパーティCookieを廃止するという計画を延期すると発表した。2025年の早期の開始を目指す。

サードパーティCookieは、複数のサイトを横断してブラウザの閲覧を追跡できるため、効率的な広告表示などに用いられてきた。しかし、オンラインでの行動の追跡によるプライバシーへの懸念の高まりなどから、Googleは段階的に廃止する方針だ。ただし当初は、2022年までに段階的に終了を予定していたが、その後2023年後半、2024年後半と延期してきた。

延期の理由は、業界・規制当局・開発者からのフィードバックと、その調整において継続的な課題があることと、CMA(英国の競争・市場庁)が市場参加者に6月末までの提出を求めているテスト結果など、証拠を検討するための十分な時間を確保するため。

Googleでは、CMAなどと連携し、2024年度中にプロセスを完了。2025年の初頭からサードパーティCookieの非推奨化を進める計画。

本記事は、Impress Watchの『Google、年内のサードパーティCookie廃止を延期』(2024/04/24)の転載記事です。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]