日本オラクル、モバイルデバイス対応を強化したCMS「Oracle WebCenter」最新版を提供開始

各製品群のモバイル対応を強化、Webサイト作成ではデバイスごとのプレビュー編集が可能に
[AD]

日本オラクルは9月18日、エンタープライズCMS「Oracle WebCenter」の最新版を提供開始した。最新版では、スマートフォンやタブレットなど、モバイル端末への対応を強化した。

「Oracle WebCenter」は、Webコンテンツ管理システムの「Oracle WebCenter Sites」、マルチメディアやドキュメント管理の「Oracle WebCenter Content」、統合ワークプレイス環境(企業ポータル)を構築する「Oracle WebCenter Portal」など、3つの主要コンポーネントによって構成される。

最新版では各製品のモバイル対応を強化しており、Webコンテンツ管理の「Oracle WebCenter Sites」では、モバイル管理オプションとして、デバイスごとのプレビューを見ながら編集できる「マルチデバイスプレビュー」を提供し、HTML5やレスポンシブWebデザインのサイト構築にも対応する。また、クラウド上にあるWeb動画や画像など、外部コンテンツリポジトリとの連携強化のほか、パーソナライズや検索機能を強化している。

Oracle WebCenter Sitesのマルチデバイスプレビュー。縦と横の表示切り替えも可能

「Oracle WebCenter Content」では、外出先などから素早くドキュメントにアクセスできるよう、iOS/Android端末に対応した専用アプリケーションを提供する。また、Webのインターフェースを刷新し、ストレスを感じない高速レスポンスを実現する。

Oracle WebCenter Portalでは、WebCenter Sitesと同様にモバイルデバイスに対応した専用ページの作成・編集に対応した。デバイスごとのプレビューもできる。管理機能も強化し、時間と場所を選ばずに必要な情報やアプリケーションにアクセスできるようにする。

各製品の価格は、「Oracle WebCenter Sites」が217万4,000円から、「Oracle WebCenter Portal」が271万7,000円から、「Oracle WebCenter Content」375万円から、3つのコンポーネントを含む製品スイート「Oracle WebCenter Suite Plus」が434万8,000円から(価格はすべて税別)。

Oracle WebCenter 製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/middleware/webcenter/

オラクル
http://www.oracle.com/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]