ジオフェンシング技術で店舗周辺の顧客へ電子チラシを配信、イオン/イトーヨーカドーなどが試験運用

店舗の射程圏内に入ったユーザーに対し、タイムリーにコンテンツを配信する

凸版印刷は8月16日、電子チラシサービス「Shufoo!」において、ユーザーの位置情報にあわせて店舗がタイムリーにコンテンツを配信できる「ココチラ」を開発したと発表した。8月から順次サービスを開始する。

ココチラはモバイル端末のGPSを活用し、形成した店舗の「射程圏」内に入ったユーザーに対して、店舗の特売情報をタイムリーにプッシュ通知できるサービス。小売・流通企業は、決まった時間に電子チラシを配信する従来サービスに加えて、「最寄り駅から帰宅中」「ショッピングモール内の他店を回っている」など、店舗側が狙った場所にいる潜在顧客に対してタイミングよくコンテンツを配信可能になる。運営店舗側は、店内にビーコンを設置する必要がある。

ココチラの利用イメージ

サービスは8月中に順次開始の予定で、8月中旬から11月末まで利用料無料のトライアルキャンペーンを実施。トライアルの参加企業として、イオンリテール、イトーヨーカ堂、近鉄百貨店、DCMホールディングス、東急ハンズ、ヤオコーなどが決定している。2016年12月以降の有償化を予定しており、1プッシュ通知につき10円の利用料と、通知量に応じた従量課金制が想定されている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]