来店前の閲覧行動と購買データを連動させる「Shufoo!レシートデータ連携サービス」を開発

凸版印刷の「Shufoo!」と東芝テックの「スマートレシート」が連携、実証試験開始へ
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷と東芝テックは、凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」と東芝テックの電子レシートサービス「スマートレシート」を連携し、Shufoo!に配信したコンテンツによる来店効果を可視化し、購買履歴に基づいたコンテンツのセグメント配信でCRM(顧客関係管理)を可能とする「Shufoo!レシートデータ連係サービス」を開発した、と3月3日発表した。2016年度後半から実証試験を実施する。

Shufoo!とスマートレシートを組み合わせることで、サービスを導入する流通企業は買い物前のチラシ閲覧行動と買い物後の購買データを連動し、顧客に向けて最適な情報配信を実現することができる。凸版印刷と東芝テックは、流通企業と共同で実証実験を2016年度後半期から実施。2017年度にはサービスの提供を開始するという。

凸版印刷
http://www.toppan.co.jp/

東芝テック
https://www.toshibatec.co.jp/

Shufoo!
http://www.shufoo.net/

スマートレシート
https://www.toshibatec.co.jp/products/retail/catalog/detail/smartreceipt/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]