QRコード決済の利用率1位は「PayPay」、クレジットカードでは「○○カード」が圧倒的【1616調べ】

「キャッシュレス決済」の利用率は全体で95.5%にのぼる。

お金に関する情報をまとめているメディア「お得ドットコム」を運営する1616は、「キャッシュレスの利用・普及率に関する実態調査」を行った。10代~70代の男女399人が回答している。

QRコード決済では「PayPay」、クレカでは「楽天カード」が1位

キャッシュレス決済(クレジットカードや電子マネー・スマホ決済)を普段利用しますか?

まず、クレジットカードや電子マネー・スマホ決済などのキャッシュレス決済を利用しているかを聞くと、95.5%の人が「はい」と答えた。

最も使っているキャッシュレス決済は何ですか?

最も使われているキャッシュレス決済について聞くと、「QRコード決済」が43.6%と最も高く、ついで「クレジットカード(37.8%)」、「電子マネー(15.7%)」と続いた。

【QRコード決済と回答した方】最も使うスマホ決済は何ですか?

QRコード決済と回答した方に対し、最も使うスマホ決済の種類を聞くと、1位は「PayPay」で53.6%、2位は「楽天ペイ(27.1%)」、3位は「d払い(9.6%)」となった。

【クレジットカードと回答した方】最も使うクレカの種類は何ですか?

また、クレジットカードと回答した方に対し、最も使うクレカの種類を聞くと、1位は「楽天カード」で50.0%と圧倒的。2位は「三井住友カード(9.7%)」、3位は「イオンカード(7.6%)」の順となった。

調査概要

  • 【調査方法】インターネットによるアンケート調査
  • 【調査対象】男女399名(10代~70代)
  • 【調査時期】2024年03月27日〜2024年04月03日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]