cciとハフィントン・ポスト、日本版サイトにおけるマーケティングパートナーシップを締結

cciは日本版サイトに掲載する広告の販売と商品開発を行い、広告主と広告会社に提供
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーコミュニケーションズ(cci)とニュースブログメディアを展開するザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループは、5月7日に日本で開始した日本版「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN(ハフポ日本版)」において、マーケティングパートナーシップを締結した、と同日発表した。米国ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞社の合弁会社ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパンは、ハフポ日本版ユーザーに向けたサイト構築と運営業務を、cciは同サイト上に掲載する広告の独占販売と商品開発を行い、広告主と広告会社に提供する。

「ザ・ハフィントン・ポスト」は2005年に米国で開始したソーシャルニュースサイトで、約3万人のブロガーが寄稿し、4600万人の月間利用者がいる。2012年4月にはソーシャルニュースサイトでは初めて、掲載記事がピューリッツァー賞を受賞するなど大きな影響力を持つ。イギリスやカナダ、フランス、スペイン、イタリアなどで海外展開を進めており、アジア進出の第一弾としてハフポ日本版を開始した。

サイバーコミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/

ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン
http://www.huffingtonpost.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]