デロイト トーマツ コンサルティング、「世界モバイル利用動向調査」で携帯電話買い替え頻度が低いのは日本

過去5年間に携帯電話を買い替えた回数を1回以下と答える割合が、日本は7割以上
よろしければこちらもご覧ください

コンサルティングサービスのデロイトトーマツコンサルティング(DTC)は、世界22ヵ国3万7000人を対象として実施した「世界モバイル利用動向調査」を基に、日本マーケットにおける動向とイギリス・フランス・ドイツ・シンガポール・韓国との比較分析を行い、12月1日、結果を発表した。調査の結果、調査国の中で携帯電話(スマートフォン・フィーチャーフォン)の買い替え頻度がもっとも低かったのは日本だった。過去5年間に携帯電話を買い替えた回数を1回以下と答える割合が、日本は7割を超えていたのに対し、シンガポールや韓国では、約7割が過去5年間で2回以上買い替えたと回答した。調査は6~7月に全22ヵ国3万7000人に対し、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムプラクティスによってオンラインアンケートで実施した。

携帯電話の購入についてをみると、欧州ではオンラインと回答する割合が4~5割にのぼるが、日本では6%で、店舗で購入する割合がほとんどだった。携帯電話のチェック回数は、1日に10回以下と答える割合が57%と、各国のなかでもっとも多かった。日本のスマートフォンユーザーは、45%が起床後5分以内にスマートフォンをチェックすると回答し、1時間以内だと87%だった。通信会社の選定理由は、日本では家族割引や友人同士の通話割引が最大の決め手となっている。スマートフォンの主なインターネット接続方法については、イギリスではWi-Fiが7割だったが、日本では携帯通信網(3G、4Gなど)とWi-Fiが半々だった。スマートフォンアプリをまったくダウンロードしない人は、日本では2割におよび、1ヵ月以内にダウンロードしていない人を含めると5割を上回り、他国と比較してダウンロードする人が少ないことが分かった。

デロイトトーマツコンサルティング
http://www2.deloitte.com/jp/ja

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]