オムニバスとゴールドスポットメディア、連携してスマートフォン向け動画広告サービスを開始

競争入札で配信する広告を決定するRTB配信と、動画広告効果測定調査を実装
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告配信のオムニバスは、モバイルデバイス向け広告配信プラットフォームを提供するゴールドスポットメディアと連携し、スマートフォン向け動画広告サービスを5月27日に開始する、と同日発表した。広告のインプレッション発生のたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定するRTB配信と、マルチデバイスでの動画広告効果測定調査を実装している。

スマートフォン向け動画広告サービスは、RTB配信により、動画広告1本あたりの費用対効果を最大化し、大量の広告を効率よく出稿することができる。また、ターゲットや予算に合わせた広告枠をリアルタイム入札で購入・配信するDSP機能により、各種のターゲティング広告にも対応している。配信可能な広告枠の在庫量は大手ポータルサイトやニュースサイト、ブログメディアなど、350億インプレッション以上で、閲覧デバイス別に実際に広告を閲覧したユーザーへのアンケート調査が可能になっている。

オムニバス
http://e-omnibus.co.jp/

ゴールドスポットメディア
https://www.facebook.com/GoldSpotMediaJapan

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]