SSP「fluct」がAmebaDSPと接続、インフィード型ネイティブ広告の配信を強化

fluctとサイバーエージェントが連携し、ネイティブ広告のRTB取引を開始

広告配信プラットフォーム事業のfluctは、SSP(サプライサイドプラットフォーム)事業「fluct」において、ネイティブ広告のRTB取引(リアルタイム入札)を強化するため、インターネット広告のサイバーエージェントが提供する「AmebaDSP」と接続し、スマートフォンにおけるインフィード型ネイティブ広告のRTB取引を開始した、と8月21日発表した。fluctは今後もメディア・アプリディベロッパーにとって便利なサービスを提供していくという。

fluct経由でのインフィード型ネイティブ広告配信量が拡充することにより、fluct提携メディアは、収益拡大を図ることができるという。fluctは今後、バナー広告においてもRTB取引による配信に対応していく。Ameba DSPは、広告枠ごとにリアルタイムで入札を行い、最適な広告枠を自動的に買い付けることで広告主にとって費用対効果の最大化や、出稿管理の一元化を実現するし、ブログプラットフォーム「Ameba」上の広告枠や、接続しているSSPの広告枠に対し、広告を配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]