マイクロアド、スマホメディアの収益向上機能を強化したSSP「MicroAd COMPASS」を提供開始

RTB広告や純広告を一元管理し、フルフラットオークション機能などで収益を最大化
よろしければこちらもご覧ください

広告配信事業のマイクロアドは、同社のサプライサイドプラットフォーム(SSP)「MicroAd AdFunnel(マイクロアド アドファネル)」を刷新し、スマホメディアの収益向上機能を強化したSSP「MicroAd COMPASS(マイクロアド コンパス」の提供を開始する、と9月9日発表した。MicroAd COMPASSは、アドネットワーク広告やDSPが提供するRTB(RealTimeBidding)広告、メディア運営者が販売・運営する純広告などを一元管理し、収益が高い広告をリアルタイムで抽出し、収益を最大化する「フルフラットオークション機能」を搭載、収益の最大化を実現する。

MicroAd COMPASSは、フルフラットオークション機能のほか、スマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」との広告在庫連携を実現し、利用開始時点でアドネットワークとRTB広告の収益最適配信が可能となっている。また、各種アドネットワークサービスやRTB広告の管理のほか、純広告を管理するアドサーバー機能も用意している。標準でグローバル対応しており、海外DSP事業社からの広告受け入れ環境も実装している。

マイクロアド
http://www.microad.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]