マイクロアド、SSP「MicroAd COMPASS」で強制リダイレクト広告に対する検知・対策を開始

媒体社の広告収益化における慢性的な課題の解決のため、検知対策を実施
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/12/22 12:26

広告配信事業のマイクロアドは、メディア収益化サービス「MicroAd COMPASS」において、メディア掲載面に広告が配信された瞬間に、強制的にユーザーが目的としないページに移動させる強制リダイレクト広告への検知対策を開始した、と12月21日発表した。強制リダイレクト広告が頻発しており、媒体社の広告収益化における慢性的な課題となっていることから、検知対策を始めることにした。

マイクロアドは従来からMicroAd COMPASSにおいて、媒体社が掲載可否体制を築くことのできる機能の拡充・メンテナンスを行ってきた。今回の検知対策により、掲載可否チェックをすり抜けて不正を行う広告においても対策を行うことが一部可能となり、より安全な広告収益化が実現することになった。今後も、更なる網羅性を備えるべく、体制を強化していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]