マイクロアドがアドフラウド対策を研究する機関「アドベリラボ」を設立、専門的に調査

知られている手法への効率的な検知・対策手段の開発と同時に未知の手法を調査・研究

マーケティングプラットフォーム事業のマイクロアドは、人ではなく機械による不正な閲覧・クリックを意味するアドフラウドへの対策を研究する機関「アドベリラボ」を設立する、と11月7日発表した。複雑化・高度化するアドフラウドの手法に迅速に対応することを目的に、調査・対策を専門的に実施する。

アドベリラボは、既に知られているアドフラウド手法への効率的な検知・対策手段を開発すると同時に、未知の手法の調査・研究を進める。マイクロアドが広告プラットフォームの運営で保有する大量のデータに対してアドフラウドに特化したモデルを構築し、異常な行動パターンを検知する仕組みを研究する。

マイクロアドはこれまでも自社の広告サービスの健全性や安全性の向上に向け、アドフラウドやブランドセーフティ(不適切なサイトへの広告表示のリスク)の対策を実施してきた。今回アドベリラボを設立してさらに強化する。研究成果は随時公開し、デジタル広告市場全体の健全性・安全性の向上に貢献する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]