エスワンオーインタラクティブ、オムニバスと連携しオンラインビデオ広告の運用を開始

パフォーマンス運用と平行してブランディング運用にも参入し運用領域の拡大を見込む
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/10/15 22:40

インターネット広告のエスワンオーインタラクティブは、インターネット広告配信のオムニバスと、チューブモーグルのビデオDSPプラットフォーム「PlayTime」のアカウント契約を締結し、オンラインビデオ広告の運用を開始する、と10月15日発表した。エスワンオーインタラクティブでは、ビデオ広告領域における最新のアドテクノロジーサービスを取り入れることで、既存のパフォーマンス運用と平行してブランディング運用にも参入するなど運用領域の拡大を見込んでいる。

チューブモーグルのビデオDSPプラットフォームPlayTimeは、広告配信やターゲティング、最適化などの広告効果測定を統合することで動画広告をシンプルに展開できる。動画広告フォーマットはプリロール、インディスプレイ、ソーシャル、モバイル、タブレットなどに対応する。また、広告枠の入札価格を自動的に調整し、広告のインパクトが最も大きい視聴者層にビュー数、再生完了数、クリック数、シェア、CPM、CPV といった指標別にキャンペーンを最適化できる。

エスワンオーインタラクティブ
http://s1o-i.jp/

オムニバス
http://e-omnibus.co.jp/

用語集
DSP / ターゲティング / ビデオ / ビデオ広告 / ブランディング / プラットフォーム / 効果測定 / 最適化
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

DoS
DoS(DoS攻撃)とは、セキュリティ攻撃の一種。 サーバーに対して通常の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]