Platform ID、プログラマティック・ダイレクトを活用した予約型の広告配信メニューを開始

広告市場の最新テクノロジーを使用することでRTB以外での広告取引を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/1/16 12:54

データプラットフォーム事業のPlatform IDは、同社が提供するDSP(デマンドサイドプラットフォーム)の「Xrost DSP」で、プログラムを使って出稿を効率化する予約型の広告「プログラマティック・ダイレクト」を活用し、オフラインユーザー向けのターゲティング広告配信メニューを開始する、と1月14日発表した。インターネット広告市場の最新テクノロジーであるプログラマティック・ダイレクトを使用することでRTB(リアルタイム入札)以外での広告取引を開始するという。

Xrost DSPとプログラマティック・ダイレクトを組み合わせることで、広告主は配信面の透明性が確保でき、ブランド価値の低下を防ぐことができる。RTB市場に出ていない配信在庫になるため、高いターゲティング効果が期待できる。媒体社は、期間、単価、インプレッションを保証して販売している広告枠をシステム上で取引することで、運用作業を大幅に削減することができる。

Platform ID
http://www.platform-id.jp/

Xrost
http://www.xrost.ne.jp/

用語集
DSP / RTB / ブランド価値 / プラットフォーム / プログラム / 予約型 / 入札 / 出稿 / 効率化 / 単価 / 広告枠 / 配信
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]